home/住宅ローンinfo 住宅ローン控除:住宅ローンinfo
住宅ローンのシステム、金利、控除などの情報
home > 住宅ローン控除
home
スポンサードリンク
 
住宅ローンの借入限度額
公的融資
  財形住宅融資
  自治体融資
フラット35
民間ローン
返済方法・返済期間
固定金利と変動金利
住宅ローン控除
住宅ローンの費用
住宅ローン用語集

 住宅ローン控除
スポンサードリンク

住宅借入金等特別控除は、住宅ローン等を利用してマイホームを新築や購入した場合で、一定の要件に当てはまるときに、その新築や購入のための借入金等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を新築や購入し居住した年以後の各年分の所得税額から控除するものです。

 適用の条件

@控除対象借入金等の額
次の借入金等(償還期間10年以上)の年末残高
(1)住宅の新築・取得
(2)住宅の取得とともにする敷地の取得
(3)一定の増改築等

A対象となる住宅等
以下のもののうち、主として居住の用に供する
(1) 住宅の新築 ・・・ 床面積50m2以上
(2) 新築住宅の取得 ・・・ 床面積50m2以上
(3) 既存住宅の取得 ・・・ @ 床面積50m2以上 A 築後20年以内(耐火建築物は25年以内)又は地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準に適合すること
(4) 増改築等 ・・・ 床面積50m2以上

B適用居住年、控除期間
※平成19年、20年入居者に限った特例措置として、現行制度と特例のどちらかを選択できる。
[現行制度]平成16年〜平成20年居住分については10年間
[特例]平成19年〜平成20年居住分については15年間

C控除額等
※平成19年、20年入居者に限った特例措置として、現行制度と特例のどちらかを選択できる。
[現行制度]
借入金等の年末残高の限度額 2,500万円
適用年19年居住分
1〜6年目 控除率1.0% 最高25万円
7〜10年目 控除率 0.5% 最高12.5万円
合計最高控除額 200万円

[特例]
借入金等の年末残高の限度額 2,500万円
適用年19年居住分
1〜10年目 控除率0.6% 最高15万円
11〜15年目 控除率0.4% 最高10万円
合計最高控除額 200万円

D所得要件
合計所得金額 3,000万円以下

スポンサードリンク

リンク
 Copyright (C) 住宅ローンinfo All Rights Reserved.